5月17日放送の『ダイエット総選挙2017夏の陣』(TBS)では、もち麦を食べて痩せる「もち麦ダイエット」が紹介されました。

もち麦は、しっかり食べても痩せられるスーパーフード。

美味しく、毎日満腹でも痩せられるダイエット食材の上に、生活習慣病も予防できるとても良い食べ物なんだそうです。

 

スポンサーリンク


そもそも…もち麦ってどんな食べ物?

そもそも、もち麦についてあまり知らない方も、少なくないのではないでしょうか。

もち麦は大麦の一種で、ビールや麦茶の材料に使われている食品です。

日本ではあまり聞きませんが、フレンチやイタリアン、韓国料理などでよく使われています。

しかし最近では、もち麦の高いダイエット効果が注目され、全国的に人気が出始めました。

 

もち麦は、糖質や脂質の吸収を抑え、腸内環境善玉菌を増やすことで腸内環境を良くします。

糖質制限、炭水化物制限がなくリバウンドしにくく、しっかり食べてもきれいに痩せる事ができる、“ラクやせ食材”と紹介されていました。

 

スポンサーリンク


 

さらにもち麦は、コレステロールや血糖値の増加を防ぎ、動脈硬化などの生活習慣病に有効なため、ダイエット以外にも健康に良い食材なのです。

そんなコレステロールを下げる健康食品として、もち麦は世界各国で栽培されつつあります。

もち麦は、麦ご飯特有のパサついた食感がなく、昔から、団子やおはぎなどの材料として使われてきました。

 

もち麦は、食物繊維がダントツに豊富な食材。

白米の25倍もの食物繊維が含まれており、水溶性食物繊維が特に多いという特徴があります。

さらに玄米と比較しても、玄米の食物繊維が100gあたり3.0gなのに対し、もち麦はなんと、100gあたり12.9gもの食物繊維を含んでいます。

また、もち麦に含まれているβグルカン(ベータグルカン)という特殊な食物繊維は、腸内の余分なコレステロールを体外へ排出してくれます。

そのためβグルカンは、通常の食物繊維よりも高いダイエット効果があるんですね。

 

スポンサーリンク


ダイエット総選挙「もち麦ダイエット」の方法

ダイエット総選挙で紹介された「もち麦ダイエット」のやり方のポイントは、

もち麦を1日150g(茶碗で約2杯分)食べること。

そして、1日に摂取するカロリーが1500kcal以内で、しっかり食べて痩せるダイエットです。

 

もち麦の定番レシピは、もち麦10割の「もち麦ご飯」

他にも、ダイエット総選挙では、いくつかのもち麦を使ったレシピが紹介されていました。

もち麦キムチ豆腐

【材料】

  • ゆでたもち麦
  • 木綿豆腐
  • 青ネギ
  • キュウリ
  • 白菜キムチ
  • 長ネギ
  • コチュジャン
  • 白ごま
  • ごま油
  • 醤油

 

【作り方】

ゆでたもち麦に、細かく刻んだ具材と調味料を混ぜ合わせたものを、豆腐にトッピングします。

 

スポンサーリンク


もち麦ボロネーゼ

【材料】

  • ゆでたもち麦
  • 牛ひき肉
  • トマト水煮
  • 玉ねぎ(みじん切り)
  • ニンニク
  • みりん
  • 塩・コショウ
  • オリーブオイル
  • 砂糖
  • 八丁味噌

 

【作り方】

全ての具材を炒め、中火で10分ほど煮込めばソースの完成。

ダイエット中は、パスタを柔らかめにゆでるようにすると、満腹感が得られますよ。

もち麦カレーリゾット

【材料】

  • もち麦…100g
  • 水…400g
  • 好みの具材

 

【作り方】

もち麦100gに対し、水400mlで20分ほど中火で煮ます。

この割合が最も米のつぶ感が際立ちます。また、弾力性のあるもち麦はリゾットに最適な食材。

好みの具材ととカレー粉を入れて煮込みましょう。

 

スポンサーリンク


ダイエット総選挙2017「もち麦ダイエット」の結果は?

「もち麦ダイエット」を実践した皆さんの結果は…

  • ぢおんさん 9.8㎏減
  • 千桃生ももさん 6.7㎏減
  • 斎藤こず恵さん 5.6㎏減

という結果でした。

 

もち麦ダイエットチームは、残念ながら、1か月後の中間発表の段階で脱落となってしまいました。

もち麦ダイエットメソッドを教えてくれた、シェフの山下春幸さん曰く、もち麦ダイエットは通常、1年ほどの長い期間をかけて行うもので、リバウンドがほぼないのも特徴。

この結果で3人は十分、とても頑張ってくれた、との事でした。

 

もち麦は、ダイエットだけでなく健康面でも良い食材ですから、ぜひ日々の食事に取り入れていきたいですね^^

 

スポンサーリンク