「林先生が驚く初耳学」で太りやすいラーメンの食べ方

4月2日放送の『林先生が驚く初耳学!』で、誰もが知らず知らずのうちにしている“太りやすいラーメンの食べ方”について紹介されました。

ラーメンの食べ方によって太りやすくなってしまうなんて、油断なりませんね…^^;

太りやすいラーメンの食べ方とは?

太らないために、どんなことに気を付ければ良いのでしょうか?

 

スポンサーリンク


太りやすいラーメンの食べ方とは?

『林先生が驚く初耳学!』では、スタジオでラーメンを食べた全員が「太りやすい食べ方」をしていました^^;

ちなみに林修先生は、ラーメンをスープから食べるか麺から食べるかなど、食べる順番に注目していましたが、それは違いました。

太りやすいラーメンの食べ方、ポイントはスープに含まれる脂の量。

実は、レンゲを使って食べるのがいけないんだとか。

 

スポンサーリンク


ラーメンを食べる時に気を付けるポイントは?

レンゲでスープを飲む場合、油を多くとってしまうので太りやすくなってしまうんだそうです。

番組では、レンゲでスープを飲む場合と、器に直接口をつけて飲む場合の油の量を比較。

レンゲのほうが、摂取する油の量が明らかに多かったんです。

スープを飲む時には、ラーメンの器に直接口をつけて飲むと、唇が表面の油をブロックしてくれるので、太りにくくなるそうですよ。

もちろん、スープを全部飲み干してしまえば一緒なんですけどね^^;

太りにくいラーメンの食べ方、ぜひ意識してみてください。

 

スポンサーリンク